採用情報

staff

先輩社員紹介

専門的な知識とスキルを磨く社員たち。
医用機器部門、科学機器部門、技術・サービス部門、 そして管理部門など、丸文通商には多彩な活躍の場が広がっています。
各部門で仕事に打ち込む先輩社員の声を紹介しましょう。


医用機器部門
溝口 翔一 (2011年入社 福井支店 MEシステム課)

笑顔を忘れず新規開拓に挑み
最適な機器を提案する。

溝口 翔一 大学時代に習得した介護や福祉の知識を社会で活用できればと、当社を志望しました。

現在は医療機器の営業マンとして、福井県内の医療施設や教育機関に主に血液検査に関する機器の新規導入や更新を提案しています。

仕事中は笑顔や細やかな気遣いを大事にして、施設の規模やニーズに応じた最適な製品を薦めています。新規開拓にも力を入れています。

諦めずに何度も訪問して説明させていただいた結果、当社の製品や技術力を信頼していただけるたびに達成感を感じています。

今後はもっと営業エリアを広げることと取り扱う医療機器のラインナップを増やすことを意識し、福井支店の認知度を石川県における金沢支店のレベルまで高めることができればと思っています。


科学機器部門
田中 皓二 (2011年入社 金沢支店 機械三課)

新設課の一員として責任と
やりがいを感じ常に期待を上回る。

ロボットを使った搬送システムなど、各種自動機器を民間企業に販売しています。

お客様の問題点や希望をお聞きし、常に期待を上回るプラスアルファの製品・システムで解決することが営業マンとしての使命だと考えています。

FA(ファクトリーオートメーション)機器の取り扱いは当社の新規事業で私の頑張りが課の実績に直結するため、責任とやりがいを大いに感じています。

一度の商談で話が進むことはまずありません。特に新規のお客様から信頼を得られるまでは、試行錯誤の連続です。

その苦労が実り、新規受注をいただくとうれしいものです。
さらに納品後、製品に関してご評価をいただくと、本当に忘れられない仕事となります。

今後は北陸から中部へと新たな市場にチャレンジしたいです。


技術・サービス部門
杉本 裕介 (2014年入社 金沢支店 サービス課)

丁寧な仕事を第一に機器を
修理・点検して安心を提供する。

杉本 裕介サービス課は医療機器の定期点検や修理、据え付けを担っています。

まだ駆け出しの身のため、現場では先輩から作業の手順やポイントなどを学ぶことが多いです。

丁寧な仕事を意識しながらトライし続けた結果、技術力の向上を実感できる点がこの仕事の面白さではないでしょうか。

入社後、「たとえ機械が直っても、お客様の心が治らなければ意味がない」と先輩から教わりました。

いつまでも安心して当社の商品を使っていただくためには、確かな腕はもちろん、ニーズを察知するコミュニケーション能力や対応力が求められるのです。

最新機器の据え付け業務を一人で一から手がけることを目標に、これからも機械だけではなく、電気や情報など他分野についても貪欲に吸収し続けます。


管理部門
本 和騎 (2015年入社 本社 経理課)

ミスのない仕事を意識しながら
役割を確実に果たす。

領収書の処理や金融機関窓口での振込業務を担当しています。

中でも領収書については毎日、営業担当の皆さんから出張中の諸経費の精算など各種依頼が届くため、間違いのないようにダブルチェックを徹底し、効率良く業務を進めています。

不明な点はそのままにせず、すぐに聞くことも心がけています。
大学時代に取得した簿記の資格を活かせればと、いくつかの会社説明会に参加しました。

当社のアットホームな雰囲気に「ここなら長く働くことができそう」と感じ、採用試験に臨みました。先輩方は皆さん本当に優しく、いつも感謝しています。

まだまだ一人前とは言えませんが、これからも仕事を通して成長して、いつかは私も後輩を指導できるように、実力をつけたいです。