未来へ向けた丸文通商の持続可能な取り組み

SCROLL

とは

「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」
の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で
世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。
このサミットでは、2015年から2030年までの長期的な開発の指針として、
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。
この文書の中核を成す「持続可能な開発目標」をSDGsと呼んでいるのです。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

丸文通商の取り組み

私たちは、社内外の事業・活動における
SDGs(持続可能な開発⽬標)の
達成につとめていくことで地域医療の課題解決や、
持続可能なまちづくりに貢献してまいります。

1

「販売・保守・メンテナンス」
を通じた取り組み

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 12.つくる責任 つかう責任
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 画像診断機器や病院の管理システムの導入計画から稼働後のサポートまで、最良の利用環境を提供
  • 病院やクリニックの状況に応じて、人工透析装置やシステムの他、各種医療検査機器を提供
  • 試薬の提供により、感染症対策に対処
  • 緊急性のある場合はタイムリーに駆けつけられる体制を構築
  • 機器メンテナンスをはじめとしたアフターケアサービスを充実させ、地域医療のリスク低減を実現
  • 中古再生整備品の提供により、リーズナブルな価格と高いクオリティを両立
  • 混合物を高感度で分離分析するガスクロマトグラフィー質量分析装置の販売
  • 大規模地震から人命、都市機能を守る免震装置の販売
  • 中古再生整備品の提供により、リーズナブルな価格と高いクオリティを両立
「販売・保守・メンテナンス」を通じた取り組み①
「販売・保守・メンテナンス」を通じた取り組み②
「販売・保守・メンテナンス」を通じた取り組み③

最先端技術の提供、効率的な運営が求められる医療現場において、
医療機関の運営管理⽀援や医療⽀援ツールの安定的運⽤による
業務効率・安全性向上に貢献。
また、環境分析装置や免震装置、環境装置の提供を通じて、
安心・安全なまちづくりに貢献します。

2

「社内での取り組み」

  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 8.働きがいも経済成長も
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう

社員の健康・働きがいを⽀援している

  • 社員の健康診断受診率100%の達成や、健康合宿の実施等によるヘルスリテラシーの向上
  • 女性向け検診の充実
  • 各種社内研修の充実や、資格取得奨励金制度の整備
  • 年1回のコンプライアンス研修
  • 障碍者雇用体制の整備や推進、パートタイム・有期雇用者の社内規定改善
  • 男女の育児休業促進
  • 女性管理職の登用推進や、女性の働きやすさ
  • ストレスチェックやメンタルヘルスセミナー、ジェンダー研修の実施
  • ハラスメント防止方針の制定
  • ホワイト500

    健康経営優良法人 大規模・ホワイト500とは、健康経営において特に優良な取り組みを実践している大規模法人を顕彰する制度です。健康経営とは従業員の健康管理をコストではなく戦略的な経営投資として捉える考え方のことを指します。

    ニュースリリース
  • えるぼし

    「えるぼし認定」とは、女性の職業生活における活躍の推進に関する"女性活躍推進法"に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち計画的に定めた目標を達成し、一定基準を満たした企業を認定する制度です。

    ニュースリリース
  • くるみん

    「くるみん認定」とは、次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業を認定する制度です。

    ニュースリリース
「社内での取り組み」①
「社内での取り組み」②

社員やその家族が心身ともに健康であることや、
いきいきと働くことのできる環境づくりに向けた
取り組みを組織的に推進。
社員一人一人が時代の変化や文化多様性を理解し、
健康的で働きやすい職場形成を実現します。

3

「地域と連携した取り組み」

  • 15.陸の豊かさも守ろう
  • 14.海の豊かさを守ろう
  • 2.飢餓をゼロに

「地域と連携した取り組み」

これまで

地域に関わり、地域と連携する。これまでも、地域の美化清掃活動や海浜清掃、里山の森 森林保護活動など地域環境を守り、維持する取り組みを実施してきました。

これから

これからは、地域と連携した取り組みはもちろん、私たち自らの手でより良い環境を生み出していける仕組みづくりを実現させていきます。

  • 「緑のカーテン(ゴーヤカーテン)」の普及を通じたオフィス内温度の上昇抑制、冷暖房の使用軽減によるCO2排出量の削減活動
  • 自然汚染STOP活動への協力や、社員への呼びかけ
  • 田植え体験や親子でのタケノコ掘りイベント等により、農作物を育て収穫することの大変さや鮮度が高い食品の味を体感することで食育活動、フードロスへの意識啓発
「地域と連携した取り組み」①
「地域と連携した取り組み」②
「地域と連携した取り組み」③